スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら

アヴィーチーが亡くなったというニュース。
本当にショック。

  

このミュージックビデオの女の子二人の会話で、
「where are we going?」
「somewhere we belong.」
これにうっかり涙してからずっと、このMV、そしてこの曲に元気をもらっていました。

趣味でDJをするとき、初めてレッスンをつけてくれた師匠がわたしに与えた曲は、
アヴィーチーでした。
アヴィーチーの曲で、つなぎを練習していました。

彼が来日したときも、ネットで見つけられる動画をみては、
かっこいいなぁって思ってました。

ついでに書いてしまうけど。
ついでというのもなんだけど。

最近、大切な友人も亡くして、それでも前を向こうって、
友人たちと話していたところで。
「来世でもあいつとはパーティしたいな」と言った友人のことばが、ここのところ、
ずっと響いていました。
「生きた証として、作品を、声を、言葉を、音を、この世に生み出し続けるのみだね」
そう言った友人の言葉も、頭の中でぐるぐるしていました。

パーティは、なんて、あっけないんだろうか。

毎日、目を覚ますことが、いちいち奇跡に思える。

在でも、不在でも、大好きは、変わらない。
  • 2018年04月21日
  • ALL

Profile

華恵

Author:華恵
 
機を織るようにつなげていきたい
日々のこと、本のこと、
音楽のこと、出会った人びと…

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。