スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森義隆監督

本日の
「JFN simple sityle オヒルノオト」 には、
森義隆監督が来てくださいました。

  15056515_1108703125913407_3386267945801653977_n_convert_20161121233316.jpg

森さんの、「聖の青春」現在公開中です。

映画、面白かった。
泣いたー!感動したー!って簡単には言いたくない作品。
本気で毎日、いつも、一瞬一瞬生きてるか。
ということを突き付けられました。
映画から、そして森さんから、そのメッセージを感じました。

森さんは、2010年に、シリアへ一緒にロケに行きました。
「世界遺産~一万年の叙事詩~」という番組でした。
ボスラ遺跡という、今はもうおそらくなくなってしまった、
シリアの遺跡。
その中のローマ劇場で、私、ピアノの演奏をしました。
番組のあのシーンが印象的でした、と
番組放送終了後数年経っても、時々twitterで言ってくれる方もいました。

このピアノ演奏は、森さんの演出でした。
シリアへ向かう時、関空で電話かかってきて、
ハナエちゃん、弾ける曲あるか? と言われた時は
びっくりしました。
現地では、ボスラ遺跡で日本人がパフォーマンスをしたのは、
北島三郎さん以来だと言われました。
・・・いや、お名前を出したのも恐縮です。すみません。

面白いことをする方、考える方です。
印象に残る現象、シーンを作ります。

同時に、森さんに言われる言葉に、何度もムキー!! となったこともあります。
(偉そうにすみませんホント。)
森さんとは一年に一回くらい会うのですが、
「あの時、森さんにああ言われたから、私あれから、こうしました(ドヤッ!!!)」
と、おでこの血管を浮かせながら、プルプル震えを抑えながら
言うことが今まで何度かありました。
すると、だいたい森さんは忘れていて、
おぉ、そうか、と驚かれたりしてました笑

しかし、今回もまた、久々にお会いして、激励の言葉を頂きました。
この方の言葉を前に、堂々といられる自分でありたい、と思いました。
また、頑張る。

頑張るばっかり毎日言ってるけど、言わないとすぐ、
寝っぺ
つってお布団かぶって引きこもるから…言う。

「聖の青春」、個人的には、若い人に見て欲しいな。
この間、別の映画を見て、考えさせられて、一回実家帰っちゃった、と言ってる子がいたけど
これこそ、そういう映画だと思う。
なんか、背中を押してもらえる。
私は、このままじゃダメだ、ってなりました。
言い方が大袈裟かもしれないけど、自分の人生、考えました。
でも劇場には、おじさんもたくさんいた。
きっと将棋ファンの方もたくさんいたんだろうな。
みなさん、ぜひ。

  

  • 2016年11月21日
  • ALL

Profile

華恵

Author:華恵
 
機を織るようにつなげていきたい
日々のこと、本のこと、
音楽のこと、出会った人びと…

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。