さよなら

アヴィーチーが亡くなったというニュース。
本当にショック。

  

このミュージックビデオの女の子二人の会話で、
「where are we going?」
「somewhere we belong.」
これにうっかり涙してからずっと、このMV、そしてこの曲に元気をもらっていました。

趣味でDJをするとき、初めてレッスンをつけてくれた師匠がわたしに与えた曲は、
アヴィーチーでした。
アヴィーチーの曲で、つなぎを練習していました。

彼が来日したときも、ネットで見つけられる動画をみては、
かっこいいなぁって思ってました。

ついでに書いてしまうけど。
ついでというのもなんだけど。

最近、大切な友人も亡くして、それでも前を向こうって、
友人たちと話していたところで。
「来世でもあいつとはパーティしたいな」と言った友人のことばが、ここのところ、
ずっと響いていました。
「生きた証として、作品を、声を、言葉を、音を、この世に生み出し続けるのみだね」
そう言った友人の言葉も、頭の中でぐるぐるしていました。

パーティは、なんて、あっけないんだろうか。

毎日、目を覚ますことが、いちいち奇跡に思える。

在でも、不在でも、大好きは、変わらない。
  • 2018年04月21日
  • ALL

沢田チャレンジ!

渋谷のラジオ、本日のゲストは、
ザ・チャレンジから、沢田チャレンジさんでした!


  30571482_1621902081260173_2896108761364037632_o_convert_20180410015756.jpg 

音楽や歌詞はもちろん、トークでも元気をくれる沢田チャレンジさん!
歌詞についてのお話をたくさん聞けて嬉しかったです!
笑いが基本的にはマストだけど、笑顔の目から涙がキラリと光る感じが、
ザ・チャレンジの、そして沢田チャレンジさん世界だなと感じました。
チャレンジ、続けよう、と思いました。

ラジオのアーカイブはこちら → 渋谷のかきもの

生放送の中でかかった曲たちです。
合わせてどうぞ!

 


 

 

また沢田さんと仕事したいぜ!
  • 2018年04月10日
  • ALL

新年度

ストラグルする日々。

納得いかないことも、ときにはありますが、


今にも穴があきそうな靴下を履くことが、わたしは、好きなんです。
ノーメイクが、好きなのです。
腕がちぎれそうになるくらい、重い荷物を持ち歩きたいのです。
ピシッと、カチッとした恰好より、タンクトップにダボダボジーパンで無造作な髪型の方に、
わたしは、「綺麗」を感じるのです。
それが今の、わたしの、趣向。

心の中のリトルmeが声を枯らして叫んでいるのを感じたので、
好きなものを書き出したりしていました。

そんな感じで、4月を迎えました。

     29683760_1616830355100679_7258378420793709597_n_convert_20180404164825.jpg 


29790972_1616830238434024_4068707422476031293_n_convert_20180404164843.jpg 

渋谷のラジオで、渋谷のかきもの という番組を始めました。
アーカイブは、こちら
(「こちら」の文字をクリックしてください。)

いつだって、自分の背中を押してくれるのは、
ありがたい、お仕事。

仕事の話をできる仲間、心からの言葉で対話できる人たちとのラジオ番組、となりそうです。
それを、目指してます。
ぜひアプリをダウンロードして聞いてみてください。

29573376_1614864545297260_1532773162716851958_n_convert_20180404164026.jpg
一回目のゲストは、映像作家の田中裕介さんでした。
ありがとうございました。


29594393_1614864548630593_456175572775586682_n_convert_20180404164003.jpg 


立ちすくむこともある。
でも、言葉を発するか迷っている間に、きっと時代はまたすぐに移り変わっていく。

声をあげていこう。


  • 2018年04月04日
  • ALL

Profile

華恵

Author:華恵
 
機を織るようにつなげていきたい
日々のこと、本のこと、
音楽のこと、出会った人びと…

Twitter